日本全国の造船業の魅力と職業を伝えるプロジェクト
溶接・塗装

Chapter_01
事務・営業関係のお仕事

  • 01

    設計関係

    コンピューターを使って、船舶の開発・設計を行います。船舶の大きさや速度などに合わせて図面を作成します。難易度の高い作業ですが、自分の頭の中で考えてイメージしたものが、実際の形となって完成したときの充実感は格別です。

    設計関係
  • 02

    営業職・安全管理 現場管理監督

    別名「タグボート」とも呼ばれ、大型船が港内で接岸・離岸をするときや、ドック入りするときに補助する 「水先案内人」の役割を果たします。また、海難・水難事故の被害者救助に必要な「救命ボート」として使われることもあります。

    営業職・安全管理
          現場管理監督

企業一覧

山陽船舶電機株式会社
山陽船舶電機株式会社
広島尾道市

PICK UP

  • 図面管理

    設計図を作業しやすい指示書へと変換します!

    有限会社大分総業
    新納亜美さん
    新納亜美さん
    新納亜美さん

    有限会社大分総業
    新納亜美さん本社の設計から上がってきたパイプの設計図に従い、溶接工場で作業しやすいよう指示書(図面)を書いていく仕事。

    新納亜美さん
    設計図を作業しやすい指示書へと変換します!

    「造船所で図面管理の仕事をしています」と聞いても一体何の仕事だか、多くの人には想像もできないと思うのですが、新納さんも最初は同じでした。「元々工業系の現場で働いていたのですが、オフィスワークをしたいと考え転職活動している時、この図面管理という職種を見つけて『???』と。船一隻作るのにここまでいろんな職種があるとは、実際に仕事に就くまでまったく知りませんでした」 新納さんが働く有限会社大分総業は主に船のパイプ類を造る会社。実は、造船ではパイプはものすごくたくさん必要だし、しかもとても大事なものなのです。なぜなら、私たちが普段暮らす地上には電気・ガス・水道といったインフラが各自治体や会社によって備えられています。が、海上を走行する船では、それをいちから造らなくてはならないのです。