日本全国の造船業の魅力と職業を伝えるプロジェクト
溶接・塗装

Chapter_04
溶接・塗装関係のお仕事

  • 01

    溶接

    大小様々な鉄の部材を切ったり、つなぎ合わせる作業です。接着部分を電気やガスを使用して溶かしながら、滑らかな形状になるように取り付けます。鉄板をつなぎ合わせることで、船の一部分である「ブロック」という巨大な鉄の構造物をつくり出します。ロボットなどによる機械化が進む一方、細かい部分は人の手が必要で、緻密なスキルが求められる職人技です。…この仕事、意外と初心者から職人技を身につける人が多い!

    溶接
  • 02

    塗装

    船の外板や内壁などに塗料を塗る仕事です。単なる装飾だけでなく、海藻の付着や海水によるサビなどの腐食から船を守る役割があります。塗装の良し悪しで、見た目だけでなく、船舶の寿命にも影響するほど大切な仕事です。近年、ロボットを使った最先端の工法も誕生していて、模型とは比べ物にならない別格のスケールも魅力です。

    塗装

企業一覧

三上船舶工業
三上船舶工業
神奈川横浜市

PICK UP

  • 溶接

    美容・アパレルから転身。 30代で見つけた理想の仕事。

    有限会社浜岡船舶工業
    長岡雪乃さん
    長岡雪乃さん
    長岡雪乃さん

    有限会社浜岡船舶工業
    長岡雪乃さん長岡さんの仕事は、船体ブロックの溶接。機械を使って、丁寧に溶接していく。

    長岡雪乃さん
    美容・アパレルから転身。 30代で見つけた理想の仕事。

    「溶接の仕事は楽しいですよ。自分の持ち場に集中する。ストレスもなく、私には向いてますね」浜岡船舶工業の長岡さんはここで、自分に合った仕事を見つけました。初めての仕事は、美容業界。その後は、アパレルで接客・販売を経験しました。福岡で暮らし、好きなことに熱中した20代。でもあるとき、将来のことを考えて地元・西海市に戻ってきました。父が経営する会社を継ぐことも見据えて、造船業界へ。「作業着も着たことがないし、まったく知らない世界」と最初は不安もあったそう。でも、周囲の温かいサポートにも恵まれ、溶接の仕事がどんどんおもしろくなってきたといいます。接客・販売と違って、溶接は「1人で集中して打ち込めるのが魅力」。30代になって、理想の仕事を手にしたのです。